バッテリー交換・修理

バッテリー交換・修理

Tablet battery repair

バッテリー持ちを悪化させないために

タブレットを大事に取り扱っていたとしても、駆動させるための要となるバッテリーには充放電の回数が定められているので、一定回数の充電と放電を繰り返すと新品時とは明らかにバッテリーの持ちが悪くなります。

初めのうちは以前よりも残量を示すパーセント表示の数字の変化が若干早くなったように感じる程度であり、不自由なく使えるため修理に出したいという気持ちにはなりません。
しかし、一度バッテリーの持ちが悪化してしまうと目に見えて早く症状が進行していくので、まだ残量が十分に残っているのにも関わらず突然電源が落ちたり、再起動が行われてしまいます。

最終的には常に充電ケーブルを繋いでコンセントから電源供給しなければならなくなり、携帯性に特化しているタブレットという製品の意義を根底から覆してしまうことになります。

過去の修理事例とお問い合わせの内容からバッテリーが劣化するとこのような症状が発生します。

・朝100%の状態で出かけて、お昼ごろには半分になっている。
・まだ残量が残っているのにも関わらず、電源がプツッと落ちる。
・残量が0の状態でUSBケーブルを繋いでも、赤ランプが点滅するだけで起動しない。
・電源投入時、ロゴループする。
・バッテリーアイコンに×マークが出ている。
・内部で膨張しており、ディスプレイや背面パネルを押し上げている。

今日における製品のほぼ全てに搭載されている充電池はリチウムイオン電池であり、蓄電できる容量に関係なく共通しておよそ500回で半分程度の性能に落ちてしまいます。
そこで、できる限り時間改善と図るためには既に満充電になっているのであれば、すぐにケーブルを抜いてしまい内蔵バッテリーのみで動かすようにしてください。

電源ケーブルを接続しているとコンセントから得た電力のみで動かしているように感じてしまいますが、機器の特性上繋いでいても電池パックからの電気を最優先にしているので、結果的に高い頻度で充電しているのと同じ意味合いになるのです。
そこで、バッテリーの持ちを新品時と同じように戻したいのなら、専門業者で修理を受けるのが良いです。
それぞれのメーカーが時間改善を目的として窓口を設けていますが、請求される金額が高い上に大勢の方々が修理を依頼しているので時間がかかってしまいます。

タブレットまっくすでは、安価に修理をさせて頂きます。取り扱いしているバッテリーの品質も問題ありませんので、安心してご依頼頂く事ができます。

悪化してしまった時は

バッテリーは使っていると段々弱くなって、十分な電力を供給できなくなります。
その時はバッテリーの交換により改善されます。但し、メーカー修理の場合はかなり時間がかかってしまいますし、例外なくデータは全て初期化されます。

タブレットまっくすなら、豊富な修理実績と多種多様なメーカーのタブレットを短時間でバッテリーの交換をさせて頂きます。
また、交換に使うバッテリーは高品質なものを使っていますので、安心して交換して頂く事ができます。
バッテリーの問題は気づき辛く、気づいた時にはおかしくなっていたという事が多いです。
タブレットPCを使っていて画面が暗くなったり、動作がおかしくなってきたりなど、バッテリーが原因になっている事が多いので、お早めに修理をされる事をおすすめします。

膨張してしまった時は

バッテリー膨張って危険?

まず、バッテリー膨張というのは何故おきるのでしょうか。
原因は多岐にわたりますが、多いのはバッテリーの経年劣化によって電解質が酸化してしまい、化学反応によってガスが発生している状態を指します。

一番怖いのはこのガスが「可燃性」であることです。

メーカーやキャリアによっては
【消耗にともない膨らむ場合がありますが、これはリチウムイオン電池の特性であり、安全上問題ありません】と明記している所もあります。

しかし、先に述べた通り、電解質が酸化したガスは、可燃性です。安全な筈はありません。

正確には、破裂しなければ問題はないのですが、
ディスプレイやバックパネルが浮き上がる程バッテリーが膨張している端末は、既に密封性は失われているので、そこから異物や衝撃等で、バッテリーに外傷を与えることは起こり得ます。

Surface3 バッテリー膨張による画面浮き

自分で交換しようと思ってるんだけど...

結論を先に言うと、やらないほうが良いと断言できます。
昨今発売されているスマホやタブレットは防水仕様が定番化してきました。
そのため、ユーザー自身でバッテリー交換ができるものは、防水維持ができないため、多くのものは内蔵バッテリーとして発売されています。

慣れない手つきで工具をバッテリーに突き刺し、破損させる可能性は大いにあります。可燃性のガスが発火したらデータどころが、家まで無くなってしまっては笑えません。

Youtubeなどの動画サイトで分解動画を見ると、「自分でもできるかも?」と思ってしまいますが、どの部分にどの端子があるか、どこにどんなネジがあるかを把握しており、分解に適した工具を使うことで、傷をつけることなく、修理・交換ができるようになります。
また、再生数の多い動画を見ても、正しいやり方で修理をされている動画は少なく、やはりユーザー自身でYoutubeを見ながら交換するのは非常に危険と言えるでしょう。

最悪、基板そのものを破損やショートをさせると修理不可となるケースもありえます。

隠しネジもあり特殊な基板形状のSurface book

タブレットまっくすのここが良い

豊富な修理実績!

Surfaceシリーズバッテリー交換2,000台突破

来店修理 郵送修理 両方に対応

とにかく早く修理して明日には使いたいお客様にも、ご近所で修理できるところが見つからないご遠方のお客様にも安心の、来店・郵送両対応の修理店です。ご都合に合わせてお選びください。

来店なら即日対応!

yoyogi02-1024x683

すぐ直したい!という方には来店修理がオススメです!
お預かりしたら60~180分程度で即日修理!その日のうちに直ったタブレットをお持ち帰り頂けます。
※飛び込みでもご対応可能ですが、店頭が混み合っていたり、部品在庫が無い場合はお時間を頂く場合がございます。そのため基本的には事前のご予約をおすすめ致します。

郵送なら移動の手間なし、往復送料無料です。

家が遠くて来店が大変な方や、忙しくてお店で待っていられない方、外出するのはちょっと……な方に。
メールか電話でお申し込みのうえ、修理品を着払いでお送りください。
到着次第、数日のうちに修理完了のご連絡をいたします。
タブレットが入る大きさの箱がないときは、梱包資材もセットになった、無料宅配キットをご用命頂ければ当店で準備します。
直接ご発送頂いても、宅配キットをご依頼頂いても、往復送料は無料です。

まずはお問い合わせ下さい

など、ご不明な点や料金などをお知りになりたい方はお気軽にお問合せくださいませ。
熟練の修理スタッフが対応致します。

タブレット修理のお申し込みはこちらから!

故障したまま液晶タブレット機器を使っていると、不良の部分から湿気が入ったり、割れた部分が怪我の原因になったり、悪いことだらけ!ちゃんと修理できる可能性も時間が経てば経つほど低くなっていきます。そんなことになる前に、すぐに修理をご依頼ください。
タブレットまっくすのノート・タブレット修理ご依頼方法は「来店修理」と「宅配修理」がございますので、できるだけ早くにご依頼くださいね。

タブレットまっくすは来店・郵送修理全国対応可能、東京・大阪・滋賀の3拠点で北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県まで迅速対応致します。
Microsoft SURFACE/ASUS ZenPad /ASUS TransBook/SONY Xperia TabletZ/Nexus7/Nexus9/Nexus10/au GALAXY Tab/docomo GALAXY Tab/SoftBank GALAXY Tab/FUJITSU ARROWS Tab/Android タブレット/REGZA Tablet / dynabook tab /MEDIAS Tab /LAVIE Tab/Windows タブレット/SHARP AQUOS PAD/SHARP メディアタブレット/SHARP GALAPAGOS/Qua tab/ZTE Light Tab/ZTE Grand X View 2/HUAWEI MediaPadなど様々なタブレット機種の画面割れ・水没・接触不良・充電不良・バッテリー交換、様々な修理に対応しています。